「GeekSalon」(ギークサロン) でプログラミング習得【大学生限定/プロダクト思考】

近年、プログラミングスクールが流行っています。

 

それだけ、皆さん、手に職をつけて、
安定して働きたいということでしょうか。

 

現代の不景気で育ってきた若い方程、
そういった傾向があるかと思います。

 

東京でバンドとかで一発当ててやろう!
とかではなく、堅実に安定して稼いでいこうという気持ち。

 

とはいえ、プログラミングというスキルは、
なかなか、独学で一人で覚えるのは大変なこともあり、
プログラミングスクール等のサービスを
利用されるようになってきた時代背景がありますね。

 

因みに、大手プログラミングスクールといえば、
テックアカデミー や WebCamp PROTech Boost 等がありますが、
最近では、大学生を対象にしたプログラミングコミュニティもあるようです。

 

それが、大学生限定プログラミングコミュニティ「GeekSalon」(ギークサロン)というところなのですが、
未経験でもたった3ヶ月で、オリジナルなプロダクトを開発出来る』ということです。

 

マジか∑(゚Д゚)‼️

 

いやいやいや、プログラミングは、そんなにあまくはないぜ。

 

と思ったので、大学生とは程遠い齢ですが……
どんなもんなのか、もう少し調べてみました。

 

学生向けなので、比べて安価なプログラミングスクール

Robert-Owen-Wahl / Pixabay

 

この、「GeekSalon」(ギークサロン)

 

場所は、東京京都にあります。
大阪ではなく京都というところが、何か渋いですね。

 

調べてみたところ、
一番の特徴は、やはり、大学生向けのサービスということもあり、
他のプログラミングスクールと比べ、月額が安いところだと思います。
月額は、29,800円(税抜き) × 3ヶ月間

 

通常のプログラミングスクールは、結構、数十万円になりますし、
月額にしても、1ヶ月で10万円程度のものが多いと思います。

 

そこで、学生向けで、尚且つ、差別化をはかるために、
よりターゲットを絞って、この価格設定にしているのだと思われます。

 

しかしながら、学生にして月3万円というお金は、
非常に大きいとは思います。
結構、腹を括らないといけないギリギリの上手な金額設定でないでしょうか。

 

本当にプログラミングでサービスやプロダクトをつくりたい!
といった学生であれば、いいのかなと思います。

 

  • 学生向けで、他プログラミングスクールと比べて安価(スクール平均月額 10万円 → 3万円)

 

GeekSalon(ギークサロン)の特徴

johnhain / Pixabay

 

安いだけでは、ちゃんとプログラミングスキルを
身につけることが出来るか不安。

 

本当に、そう思います。

 

プログラミングスクールを卒業したのはいいけど、
何も覚えていない。何もつくれない。では、
ただ、高額なお金を川に捨てているのと変わりません。

 

そこで、GeekSalon(ギークサロン)の特徴を調べてみました。

 

プロダクト思考なので実践的なスキルが身に付く

 

単に教科書的なプログラミングスキルを学ぶのではなく、
「3ヶ月でオリジナルプロダクトの開発を行う」という明確なゴールに向かって学習を進めるので、
プロダクト思考でプログラミングスキルが身に付きます。

 

とのことです。

 

プログラミングは、本を読めば覚えられるものではなく、
実際に、組んでみないと体に染みついていかないものなので、
このプロダクト思考の考え方は、自分もいいなと思いました。

 
 

未経験でも安心!専属のメンターがサポート

 

受講生1人1人に専属のメンターがつき、
大学のテスト期間やアルバイトなどの予定に合わせて、
個別のスケジュールを組んでサポートします。

 

とのことです。

 

大学生とはいえ、定期的にテストがあったり、
レポートの提出、アルバイトをしていれば、その予定もあるので、
そこを個別相談で調整出来るのがいいですね。

 
 

目的別に3つのコースから選ぶことが可能

 

作りたいものや身につけたいスキルによって、
3つのコースから自由に選択することができます。

 

Webサービス開発コース
iPhoneアプリ開発コース
ゲーム開発コース

 

また、未経験者のみではなく、経験者向けの上級コースもあります。

 

Web Expertコース

 

とのことです。

 

コースがあるのがいいですね。
正直、全コース受けてみたい(゚Д゚)

 
 

圧倒的な実績を誇る

 

オリジナルプロダクトのリリースをゴールにしているため、
アプリ リリースの実績は多数!
GeekSalon卒業生は、
オリジナルアプリで起業、某有名企業に売却など、受講後も益々活躍しています。

 

とのことです。

 

プロダクトの完成をゴールにしているから、
ここは最大の利点ですね。

 

起業やプロダクトの売却は、正直、めちゃめちゃハードルは高く、
たった3ヶ月でいけるかというと、厳しいとは思います。

 

しかしながら、そこまでいかなくとも、
エンジニアへの就職活動や転職活動のポートフォリオで、
プログラムの作品提出として、物凄く活かせます。

 

実際、自分も、会社でエンジニアの採用をおこなっていますが、
自分で組んだものがあると、ある程度の実力がわかるので、凄く助かります。
リアルは、新卒で作品があるパターンの方が少ないです。

 
 

就活や長期インターンなど受講後のサポートも充実

 

最終発表会には、様々な業界の企業さんがきてくださいます。
それがきっかけとなり、長期インターンが決まることも?!

 

また、就活支援を行う姉妹団体による就活サポートも充実しております。

 

とのことです。

 

こういったアピールの場もあるのですね。
とはいえ、そうなると、プロダクトのクオリティが散々だと
酷いことにはなりそうですが、汗

 

プロダクトを、しっかり、つくった人にとっては、
いい企業からのスカウトのキッカケになる
素晴らしいチャンスかと思います。

 
 

他には、勉強スペースが使い放題なことや
サポートが24時間対応が良いと思います。

 

GeekSalon(ギークサロン)の完走率は、80%というところも注目です。
やはり、仲間がいると心強いでしょうね。
ひとりでプログラミングをし続けるより、ずっと、心強い。

 

毎日19:00~20:00に、東京の代官山、恵比寿近くと、京都にて、
無料の個別相談会をおこなっているということなので、
サイトの以下のボタンから申し込んで、
話を聞いてみるのが良いかと思います。

※ 東京、京都だけでなく、オンラインで受けることも出来るようです。

 

 

  • プログラミングを学ぶというより、プロダクトをつくりながら身につけていく手法
  • メンターのサポートがつくので、自分のスケジュールで進めることが可能
  • プロダクトリリースがゴールなので、卒業と同時に手元に活かせる物が残る
  • クオリティの高いプロダクトがつくれたら、発表会のアピールの場でスカウトのチャンス

 

最終的に一人前のエンジニアになれるかどうかは自分次第

waldryano / Pixabay

 

このエンジニアという仕事を長くやっていて、切実に思うことは、
自分の思ったようなプロダクトやサービスをつくったり、
一人前のエンジニアになれるのかは、結局は、継続した努力で自分次第という事です。

 

強い気持ちを持ちつつ、自分でモチベーションをコントロールしないと、
プログラミングは続けることは出来ません。

 

これは、プログラミングに限らず、普通の勉強と同じかと思います。

 

モチベーションが上がらないから、今日はやらない。
という感じより、モチベーションが上がらなくても、
とりあえず、手を動かしてみることが大事です。

 

手を動かしてプログラミングをしていると、
その内、モチベーションは関係なく、
自然体でプログラミング出来る様になってきますd( ̄  ̄)

 

無我の境地ってやつですね!

 

そういう、頑張れるというか、継続が出来るのであれば、
コミュニティやサロンで、良い仲間と出会うことも出来るかもしれませんし、
こういったプログラミングコミュニティは、
凄く素晴らしいサービスではないかと思います!

 

 

 

コメントを残す