【SES・客先常駐 脱出】人売りIT企業からの脱出のススメ

「まだ、人売りIT企業でエンジニアやってるの?」
 

普段、こういった煽る感じの
性格ではないです。

 

しかし、優秀なエンジニアが、
人売りIT企業の無能社長に搾取されている姿が
あまりに理不尽過ぎるので、
敢えて、やってみました。

 

因みに、これは、
日々、努力されて、しっかりとスキルを身につけた
エンジニアに向けて、申しております。

 

まだまだ、スキルのないエンジニアは、
残念ですが、こちらの記事を読むことなく、

致し方なく、不遇な客先常駐(SES)を
続けて頂ければと思います……

 

人売りIT企業でエンジニアを続ける道しかないのか?

 

いつも、思うのですが、
ある程度、プロダクトを、
しっかり、つくることが出来る
スキルを十分に備えたエンジニアが、
わざわざ、会社にマージンを抜かれ搾取されてまで、
客先常駐(SES)をする意味はあるのかな?
と。

 

ましてや、現代において、
これだけエンジニア不足の状況です。

 

色んな現場が、開発(プログラミング)出来る
人材を欲しがっている中、
属に言う「人売りIT企業」(SES企業)を
通して働く必要がありますか?

 

正直、もっと具体的に細かく言うならば、
客先常駐」自体を、
そこまで、否定するわけではありません。

 

常に、現場(プロジェクト)を移って、
新しい人や技術に順応していく大変さ、
それによって、エンジニアとしてのスキルは
日々、磨かれていきます。

 

多くの様々なプロジェクトを
経験することは良いことです。

 

また、近年だと、極力まで
エンジニアに給料として還元していたり、
エンジニアのキャリア形成を
しっかりやっているホワイトなSES企業も、
少しずつ、増えてきています。

 

エンジニアのフリーランスという道

 

ただ、そういったことを除き、
人売りIT企業にマージンをガッツリ抜かれ、
搾取されるのであれば、
エンジニアのフリーランス契約で
現場(プロジェクト)に入った方が、絶対にいい

と自分は言い切ります。

 

自分が貰える報酬が
格段に違ってくるからです。

報酬(給料)が高いこと

これは、エンジニアにとっても、
一番の絶対的なモチベーションになります。

 

すぐに、エンジニアのフリーランス契約に
切り替えしないとしても、
先ずは、フリーランス エージェントで有名な
ギークスジョブ」や「レバテックフリーランス

 

それ以外にも、
at-engineer」「フォスターフリーランス
PE-BANK」「midworks
High-Performer」等、
エンジニア フリーランスに関連する
複数社のエージェントに
アカウント登録をしてみて、
時間をつくって相談の面談にも行き、

自分のスキルや案件(プロジェクト)の
相場を調べてみるのが良いです。

 

何より、絶対的な行動力が、
未来のエンジニアとしての自分を
良い方向へ持っていけると思います。

 

SESのビジネスモデルに関わる人月費

 

SES(システムエンジニアリングサービス)というのは、
システム開発の請負元に
マンパワーとしてエンジニアを貸し出して、
それによって「人月費(契約金)」を得て、
その中からエンジニアに給料を渡す。

といったビジネスモデルです。

 

因みに、今、会社を通して
客先に常駐している方は、
自分の「人月費(契約金)」を
知っていますか?

 

きっと、知らない方のほうが多いと思います。

 

それだけ、会社を通して
現場に飛ばされている人は、
人月費に疎く、
なかなか、知ることも出来ないです……

 

というのも、それを社員に知らせてしまうと、
会社がどれだけ抜いているかわかってしまい、
その金額が大きい程、社員は理不尽に思い
会社を辞めてしまうので、
会社にとっては、不都合にしかならないからです。

 

例えば、リーマンショックのあった
2010年前後ならば、
どこの大手もIT投資を控えて、
入れる現場が、なかなか、ありませんでした。

 

そういう時代であるなら、
会社に属していれば、
現場に入れなくても、
給料(月給)は出ましたし、
ありがたかったと思います。

 

逆に、社内に待機になってしまっているエンジニアは、
肩身が狭かったと思いますが……

 

しかし、そういう、
苦しい時代を、
泥水を啜りながらでも耐えてきて、
日々、勉強と経験をしてきて、
スキルを磨いてきたのであれば、
自分に、もっとダイレクトに報酬が返ってくる方法で、
より良い環境で、エンジニアをやるべきです。

 

  • 客先常駐(SES)をするなら、搾取(マージン)の少ないフリーランス契約でやるべき
  • スキルと時代に見合ったエンジニアをしての働き方を、常に模索する

 

 

 



 

自社サービスエンジニアという道

 

客先常駐なら、
人売りIT企業を通さずにフリーランスで

という考えと同じくらい持っているのが、

 

自社サービスエンジニアとして、
自分の信念や考えの元、
システムをつくること

 

になります。

 

自社サービスエンジニア。
今は、よく「Web系」「Webエンジニア」とも
呼んだりするのでしょうか。

 

客先常駐(SES)だと、
あくまで、技術力を客先に貸しているので、
プロパーの指示や決まった仕様書の元、
システム開発をすることが多いと思います。

 

そのため、コーディング力は身についても、
自分の頭で考えながら実装する
プログラミング力が非常に身につきにくいところです。

 

だからこそ、ちゃんと、
自分たちのサービスで利益を得ている会社で、
自社サービスエンジニアとして、
ガンガン意見や考えを出しながら、
自分の信念の元、システム開発に
携わっていくべきだと考えています。

 

また、自社サービスエンジニアの方が、
日々、近くで直属の上司が見ているので、
スキルの評価は適切にされやすいと言えます。

 

例えば、客先に1人で常駐となると、
自社の上司の目も届かないので、
正直、ほぼ、
単価(人月費)でくらいしか、評価がされません。

 

スキルも大事ですが、
単価の高い低いなんて、
正直、入れられたプロジェクトの運もあります。

 

そんな感じで評価されるより、
バリバリ、社内でエンジニアとして活躍して、
評価を受けた方が適正なものになります。

 

自社サービスエンジニアは、客先常駐系と比べるならば、
狭き門にはなりますが、求人を探せばいくらでもあります。

 

自分がやりたいこと、
やっていきたいことが明確であれば、
その想いをぶつけるように
転職面接を受ければ大丈夫です。

 

リクナビNEXT」や「マイナビ エージェント
ビズリーチ」「Tech Stars Agent」等に登録して、
自社サービスエンジニア(Web系、社内SE)の
求人を探すのが賢明です。

 

自社サービスエンジニアの求人でも、
沢山あるので、
複数の求人サイトにアカウントを持っておいて、
広くアンテナを張っておく事が大事です。

 

  • 客先常駐(SES)より、実績やスキルが正当に評価されやすい自社サービスエンジニア(Web系、社内SE)として働く

 

 

 

 

働きに見合った報酬を受け取るべき

 

自分も、10年以上、
SEとして働いてきましたが、
経歴としては、
「客先常駐(SES)系エンジニア」と「自社サービスエンジニア」が半々くらいです。

 

今は、広告ベンチャーで
自社サービスエンジニアをしていますが、
ひとつ前は、客先常駐(SES)系の会社でした。

 

昔、大手の広告会社で
自社サービスエンジニアをしていた時の
上司に声を掛けて頂いて、
今の会社に転職しました。

 

エンジニアは、日々、一生懸命やっていれば、
昔、一緒に働いていた方に、声を掛けてもらえる機会も多いですよね。

 

今の会社に転職しなければ、
フリーランスとしてエンジニアをすることも、
選択肢の一つとして考えていました。

 

今まで携わったプロジェクトでは、
プロジェクトの悪い点を
ハッキリと常々、指摘していました。

 

また、常に、メイン部分の開発を
行っていた(コアストリームにいた)ので、
客先からは、わりと良い評価は受けていたと思います。

 

しかし、やっぱり、
どうしても会社に属していると、
抜かれるマージンが大きく、
給料(報酬)が上がっていかないです。

 

例えば、ざっくりな基準にはなってしまいますが、
こんなものをつくってほしいと頼まれて、
ある程度、つくれるようなスキルがあるのであれば、
自分で、どんどん仕事を取ってくることが可能です。

 

フリーランス専用エージェント経由でもいいので、
抜かれるマージンの少ない
フリーランスでやることをオススメします。

 

自分も30歳くらいの時に、
少しフリーでやっていました。
だからこそ、そう言えます。

 

税金関連の手続き等、
大変なこともありましたが、
何より、自分に返ってくる金銭的報酬が大きいので、
その分、確実に、
高いモチベーションでやることが出来ました。

 

また、高い報酬を頂いているので、
クオリティの低い、恥ずかしい仕事は出来ない!
という危機感を直ぐに持てるので、
ひとつひとつの作業の精度が上がります。

 

まだ、若くてスキルがないのであれば、
SES会社の営業にプロジェクトを
斡旋してもらう必要があります。

 

しかし、先程、述べたような、
ある程度のスキルがあれば、
エンジニアのフリーランサーとして、
やっていけると思います。

 

踏ん切りをつける前に、
とりあえず、フリーランス契約専用のサイトに
登録だけでもして、
自分自身や案件の相場を
調べておくことも良い
かと思います。

 

フリーランス契約会社には
薄情かもしれませんが、面談までしても、
自分として納得いかなければ、
そのプロジェクトを受けなければいいだけなので。

 

または、自社サービスエンジニアとして、
自分でも、きちんと勉強して
経験をつけていきながらも、
やりたいように挑戦しながら
システム開発が出来ればいいと思います。

 

タイトルは煽ってみましたが、
本心としては、スキルを磨いてきたエンジニアは、
正当な評価や報酬を受けるべきだと思っています。

そのためにも、このように、記事化してみました。

 

一人一人のスキルの高いエンジニアが、
より良い環境で、高い報酬で
仕事が出来るようになることを望みます。

 

そうなれば、皆、幸せになりますし、
良いシステムもどんどん生まれていくので、
社会全体も幸せになれるのではと!

 

そんなこんなで、これからも、
皆で頑張っていきましょう‼️

 
 

人売りITから脱出しよう

 

今の時代は「退職代行」サービスも、
かなり活かされていて、
ただ、辞めさせるだけではなく、
未払い残業代の請求等もやっています。

 

こちらも、記事を書きましたので、
ご興味あれば、引き続き、どうぞ‼️

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【ブラックSES(客先常駐)脱出】「退職代行サービス」を活用しましょう!

 



コメントを残す