おすすめのエンジニアのフリーランス エージェント【マージン(手数料)から選ぶ】

20〜30代のエンジニアで、
フリーランスでやってみたい。

フリーランスのエージェントも
聞いたことはあるけど、
マージン(手数料)をよく知らない。

または、マージンを知っているが、
なるべく安くて、待遇の良い
エージェントと組みたい。

そういった方に向けての記事となります。

エンジニアのフリーランス エージェントとは?

 

エンジニアのフリーランスになりたい!
と決意した場合、顧客との元々のつてがあれば、
直接契約をして、その顧客のシステム開発を
請負ったり、現場に常駐して一緒に開発したりします。

しかし、普通は、そういったつてはない
エンジニアが多いのと、
その契約した顧客でも、
いつまで契約が続くかわからない。

 

そういった事もあり、
円滑に契約をしてプロジェクトに参画したり、
契約が切れそうな時に、
次のプロジェクトにスムーズに移れるように、
サポートする方、
フリーランス エージェントが存在します。

 

マージン(手数料) の考え方

 

フリーランス エージェントの会社も
営利企業ではあるので、
勿論、マージン(手数料)はあります。

 

「マージン」(手数料) とは、
フリーランスのエンジニアが、
プロジェクト(案件) に参画する際に、
フリーランス エージェントに支払う費用です。

 

フリーランス エージェントは、
そのために、エンジニアをサポートします。

 

スキルをヒアリングして、
そのスキルにマッチした
プロジェクトを紹介したり、
トラブル時の対応。

 

エージェント企業によっては、
納税や福利厚生のサポートもあります。

 

先程も書いたように、
フリーランスとして食べていく際、
元々のつてがあれば、
顧客と直接、契約をする場合もあります。

 

しかし、その契約もいつまで続くのか
不透明な点があったり、
経済状況等で契約が切れてしまった際に、
急に無収入となってしまいます。

 

そういった際に、
次のプロジェクトになるべく
スムーズに参画出来るようになるにも、
フリーランス エージェントに
マージンを支払い活用するのは、
多くのフリーランス エンジニアもしていることです。

 

マージンが良心的なフリーランス エージェント

 

そのマージンを支払う事がわかったところで、
フリーランスのエンジニアとして働く上で、
やはり、マージンをなるべく抑えたい。
というのは、本音かと思います。

 

ここでは、そんな本音からオススメする
フリーランス エージェントを書いておきます!

 

PE-BANK(ピーイーバンク)

 

日本国内で、最も歴史のある
フリーランス エージェントです。

 

そのため、プロジェクト数や
エンジニアの稼働数には定評があります。

 

また、歴史も長い分、
全国に支店があります。

 

首都近郊の関東以外でも、
フリーランス エンジニアに
興味がある方にとって、
心強いエージェントかと思います。

 

公式サイト 別タブで開く
運営 株式会社PE-BANK
マージン 8〜12%
メリット マージン率が物凄く低い
特徴 設立30年以上の超老舗

 

マージンが本当に良心的です。
しかも、契約月が伸びれば伸びる程、
どんどん低くなっていきます。

 

1回~12回が、12%(エンジニア還元率 88%)
13回~24回が、10%(エンジニア還元率 90%)
25回~が、8%(エンジニア還元率 92%)

例)
契約金額 × エンジニアへの分配率 ×(1 + 現行消費税率)
70万円 × 88% × 1.10 = 677,600円

 

表にすると、以下の様な感じです。

 

[ https://pe-bank.jp/service/keiyaku/ 引用 ]

 

先ず、マージンを公開している
エージェントが少ないです。

 

そして、その中でも、
マージン非公開エージェントでは、
マージンが25〜30%といったところも多数あります。

(因みに、酷い中抜きブラックSESなら、
マージン50%以上もザラにありますよね……
人月費80万円でも、給料が25万円くらいとか。)

 

そんな中、マージンを公表した上で、8〜12%
このきちんと情報をオープンしている事が、
フリーランス エンジニア初心者でも、
物凄く安心出来ると思います。

 

確実に登録しておくべき
フリーランス エージェントと言えます。

 



 

midworks(ミッドワークス)

 

マザーズに上場している
株式会社 Branding Engineerが運営する
正社員並みの保障つきで、
フリーランス エンジニアとしての
独立をサポートするエージェントです。

 

フリーランスでありながら、
正社員並みの保証。

 

都合の良さそうな話と思えますが、
例えば、書籍や勉強会の費用
月10,000円出して貰えたり、
交通費月30,000円まで出して貰えたりします。

 

通常、こうった交通費などは、
報酬の中からフリーランス自ら払う物なので、
とても大きいです。

 

保険の半額負担
(各種保険を半額負担で、労使折半と同様保障を実現)
もあるので、本当に社員のような保障です。

 

そういった他のエージェントでは無い
手厚い保障があることから、
マージンが20%ではありますが、
実質10%程度と考えられると言えます。

 

公式サイト 別タブで開く
運営 株式会社Branding Engineer
マージン 20%(保証込みで実質10〜15%)
メリット 年金・保険の支払い
特徴 フリーと正社員の良い所取り

 

midworksの中で、特に素晴らしい保障は、
審査はありますが「給与保障制度」です。

 

プロジェクトに参画出来なかった場合でも、
スキルの査定を行い、
算出した想定月単価の80%を保障してもらえます。

 

これは、継続して仕事があるかという
多くのフリーランス エンジニアが抱える
不安の解消に繋がると思います。

 

こういった保障の手厚さから、
こちらも、確実に登録しておいた方が良い
フリーランス エージェントです。

 



 

テクフリ

 

株式会社アイデンティティーが運営する
Webエンジニア案件に特化した
フリーランス エージェントです。

 

マージンが10%の90%高還元の
プロジェクト
があるのと、
福利厚生が充実しているのが特徴です。

 

公式サイト 別タブで開く
運営 株式会社アイデンティティー
マージン 10% プロジェクトあり
メリット 確定申告無料 ※6ヶ月以上稼働
特徴 Web系エンジニアに特化したエージェント

 

凄く良いのが、
6ヶ月以上の稼働があれば、
確定申告を無料で行って貰えるそうです。

 

これは、フリーランスにとっては、
わずらわしい作業なので、
とても、ありがたいです。

 

福利厚生として「ベネフィットワン加入」
があります。

 

自社のアプリ「techcareer passport」にて、
プロジェクトに参画後もサポートしてもらえます。

 

また、既に契約している場合は、
他社からの乗り換えで、
成約後に3万円のキャッシュバックがあります。

※ 条件として、年収が、
フリーランスの方で780万以上。
正社員で550万以上の方に限ります。

 

Webエンジニアに特化しているとのことなので、
正直、スキルは限られてくるかもしれませんが、
マージン10%のプロジェクトに参画出来たなら、
報酬が、とても大きいのではないでしょうか!

 



 

安定したフリーランス エージェント

 

どういった視点から安定かと言うと、
プロジェクト数登録エンジニア数から見た
安定度の高いフリーランス エージェントはこちらです。

 

どこか名前も聞いた事があるような、
テレビや電車広告等での
プロモーションも多く
知名度も非常に高いと思います。

 

geechs job(ギークス ジョブ)

 

15年以上の事業実績を持つ
東証一部上場のギークス株式会社が運営する
フリーランス エージェントです。

 

東証一部上場企業の
運営ともあり、
しっかりと安定性があります。

 

平均年収が840万円以上。
プロジェクトの契約決定率が80%以上。

と高いことが強みです。

 

公式サイト 別タブで開く
運営 ギークス株式会社
マージン 非公開
メリット 平均年収と契約決定率の高さ
特徴 15年以上の事業実績で東証一部上場

 

フリーランスエンジニアの
市場価値診断」を提供していて、
サイト上で20〜50問の質問に回答すると、
自分のフリーランスとしての市場価値を診断してくれます。

 

他のフリーランス エンジニアとの交流会や、
職務経歴書やスキルシートの添削を
受けることも出来ます。

 

エージェントとオンラインでの相談も可能なので、
マージンの低いエージェントのみでなく、
ギークスの様な安定性のある
エージェントにも登録しておくべきかと思います。

 



 

レバテック フリーランス

 

150,000人のエンジニア登録者数を持つ、
最大級クラスのフリーランス エージェントです。

 

ベンチャーから大企業まで、
幅広くプロジェクトを取り扱いながら、
非公開プロジェクトも持っています。

 

年間3,000回は現場を訪問している
専門知識が豊富な専任のカウンセラーが、
エンジニアをサポートします。

 

ヒアリングして、案件紹介を紹介するだけでなく、
参画中や参画後においても、手厚くサポートしてくれます。

 

公式サイト 別タブで開く
運営 レバテック株式会社
マージン 非公開
メリット 常時3000件以上のプロジェクト紹介
特徴 150,000人のエンジニア登録者数を持つ

 

こちらも国内最大級の
プロジェクト数を持つ
フリーランス エージェントでもあるので、
登録しておいて話を聞く
価値が大いにあります!

 

ページをみると、
「まだフリーになるか決めていない方や
情報収集したいだけの方もお気軽にどうぞ!」
とのことなので、
先ずは、相談といった感じでも、
良いかと思います。

 



 

その他 注目のフリーランス エージェント

 

最近、よくサービス名を聞く様になり、
今後どうなっていくかはわかりませんが、
注目中のエージェントも書いておきます。

 

ポテパン フリーランス

 

こ、これは……

 

名前が可愛い
フリーランス エージェントですね(笑)

 

その可愛い名前の通り、
丁寧なサポートが売りの様です。
フリーランス初心者向けです。

 

公式サイト 別タブで開く
運営 株式会社ポテパン
マージン 非公開
メリット 初心者フリーランス向けの丁寧なサポート
特徴 他のエージェントにはない可愛く柔らかい雰囲気

 

プロジェクトの紹介だけではなく、
税関連や保険関連等、
フリーランス初心者が
戸惑う手続きのサポートもしています。

 

現役のフリーランス エンジニア
のみではなく、
20代~40代のフリーランスを
考えているITエンジニア向け
でもあります。

 

サービスのページも、
可愛く柔らかい感じなので、
何かホッコリしますね。

 



 

フリーランス事業だけでなく、
POTEPAN CAMP」(ポテパン キャンプ) という、
プログラミング スクール事業も行っていて、
エンジニア事業を積極的に
やられているのが好印象です!

 

今後の展開が楽しみでもあるので、
その他 フリーランス エージェントで、
1番にオススメしています。

 



 

フォスター フリーランス

 

東証一部上場
豆蔵ホールディングスのグループ企業
「株式会社フォスターネット」
が運営するフリーランス エージェントです。

 

1996年のIT黎明期から
フリーランスエンジニア支援事業を行っていて、
20年以上のフリーランスエンジニアの
支援実績があります。

 

その実績を活かし、
IT業界の流行やフリーランス業界の動向に詳しいので、
より濃密な相談をすることが出来ます。

 

公式サイト 別タブで開く
運営 株式会社フォスターネット
マージン 非公開
メリット 1996年のIT黎明期からエンジニア支援事業
5,000件以上のプロジェクトを持つ
特徴 15,000人を超えるエンジニア登録者

 

IT業界歴が10年以上の
コンサルタントが多いのと。

 

そういった業界歴の長い
コンサルタントに、しっかり丁寧に
サポートして頂けるのが
大きなメリットかと思います。

 

プロジェクトに参画する前に、
経歴書やスキルシートの見直しを行ってもらい、
プロジェクト参画後には、
定期的な本人希望や契約内容の確認を行うなど、
フォローがとにかく手厚いです。

 

利用者満足度は、90%以上で、
実際に使用しているエンジニアの方々からの
評価も非常に高いということなので、
注目しています。

 

 

joBeet(ジョビート)

 

まだまだ、小さめな
フリーランス エージェントではあります。

&nbsb;

しかし、機械学習にも使用する
Python案件に強みがあることが特徴的です。

 

公式サイト 別タブで開く
運営 Fabeee株式会社
マージン 非公開
メリット 機械学習でも使用されるPython案件に強み
特徴 現場のCTOからのヒアリングによる直案件あり

 

紹介が可能なベンチャー企業の
プロジェクトは、CTOや技術責任者より
直接、ヒアリングをしています。

 

そのため、直受けの高単価な
プロジェクトを紹介可能です。

 

エンジニアでは、PHP、Java、Ruby等、
クリエイターでは、コーダー、UIデザイナー、イラストレーター等
のプロジェクトを扱われています。

 



 

スキルがあるのにSESな人はフリーランスが良い

 

フリーランス エンジニアが、
どういった方に向いているのかというと。

 

ずばり、スキルがあるのに、
ブラックなSESで、50%以上も
マージンを抜かれているエンジニアです。

(例えば、人月費が80万円以上とかなのに、
給料が20〜30万円くらいの人)

 

SESの会社に勤めていて、
現場にアサインされた際に、
わりと柔軟に対応して仕事が出来て、
何ヶ月も契約が続く方。

 

確実に、SESでの名ばかりの正社員より、
フリーランス エンジニアの方が向いています。

 

結局のところ、
今、SES会社の事務とかにやってもらっている
納税作業とかを自らやることにはなります。

 

しかし、フリーランスでエージェント経由で、
年収が2倍、今、抜かれまくっている方は、
3倍とかにもなるのではないでしょうか。

 

なので、SESで、
ある程度、スキルを磨かれた方にとって、
挑戦すべきは、フリーランス エンジニア
かと思います。

 

SESを脱出してフリーランスを考えている方

 

現在、お勤め中の
激務で薄給なブラックなSESを辞めて、
フリーランスに挑戦したいと
密かに考えている方。

 

是非、以下の記事も読んで頂いて、
辞めにくい場合、退職代行もご活用下さい。

 

退職代行。高そうなイメージがありますが、
以外と3万円程度で活用出来ます。

 

残業代の未払い請求も出来るので、
寧ろ、激務な方には……

 

詳細は、以下の記事をどうぞ。
別タブで開きます。

 

記事「【SES(客先常駐) 脱出】退職代行でブラックSESを今すぐに辞めよう!

 



コメントを残す