退職代行 おすすめ 5選 SES(客先常駐)を即日退職【人売りITに人生を殺された実話あり】

SES(客先常駐)からの脱出に退職代行を使ってもいい

IT業界で、大昔からよくある
ブラックSES等での超炎上プロジェクト。
そこで、心身共に病んでしまって、
うつ病を発症、そして、
エンジニアとして再起できなくなる。

最悪の場合では、
納期などからのプレッシャーから、
自らの命を絶ってしまうことも……
そういう話もよく聞きます。

そういった最悪の状況を避けるには。
最近は、当たり前の様に
使われるようになってきた
退職代行」を活用して、
逃げてでも健康に生きてほしい。

 

自分も絶望を体験して、本当にそう思いました。
この記事は、SESを辞めたいのに、
プロジェクトの現状だったり、
引き留めや恫喝、脅しなどによって
辞められなくて悩んでいる人に読んでほしいものです。

 

そもそも、退職代行そのものをよく知らない。
そういう方が多いと思います。

時代に合わせて生まれたサービスなので、
勿論、ほとんどの方が知らないのが当たり前です。

 

なので、SES脱出で活用できる
退職に強いおすすめの
退職代行サービスにおいて、
内容の違い流れ料金について、
キッチリまとめました。


[ まとめリストに一気に飛びます ]
 

退職代行サービスは、実は思っているよりも
敷居が低く、どなたでも簡単に使えます。

LINEメールでも気軽に相談。
価格の相場も3万円程度。)

 

今まで退職代行を知らなかったけど、
藁にもすがりたい思いや、
今が苦しくて逃げたいエンジニアの方は、
興味があれば、以下も読んでみて、
是非、参考にしてみて下さい。

 

また、長い記事が苦手な方のために、
一旦、ここで、簡単に!

 

退職代行を調べる際に、
最も注意して見るところは、
弁護付きかどうかです。
非弁護だと会社と揉めるリスクがあります。

(尚且つ、弁護付きならば、
残業代や有休消化の交渉も可)

 

以下の弁護付きの退職代行は、
安心で活用する方が多いです。
是非、1度、見てみて下さい。





  公式サイトを見る  

 





  公式サイトを見る  

 



因みに、現代では漫画になるくらい
退職代行ユーザーは増えています。

 

昔は存在しなかった退職代行サービス

 

「退職代行」とは、その名の通り、
退職の手続きを、本人に代わって行うことです。

 

昔(自分が辞めたかった2010年くらい)は、
全く無く、需要から出来た新しいサービスです。

 

会社を辞めることくらい自分でしなよ。

普通ならば、そう思うかもしれないですが、
自分にとっては

「退職の手続きを代わりにやってほしい。」

という気持ちが凄くわかります。

 

退職自体が面倒なのもありますが、
SESの場合は、退職したい旨を誰に言うのか、
わかりにくかったりもしますよね。

(特に新卒や若手の時ほど)

 

常駐している
客先のプロパーなのか、
自社の上司なのか、
はたまた、間の中抜き人売りITの営業なのか……
それら全員なのか。

 

また、SESで自社待機中じゃなくて、
契約中で客先に常駐している
タイミングでの退職は、しづらいんじゃないか。
自社と揉めるんじゃないかとか。

 

そういう様々な不安もあり、
SESの退職時に、退職代行を
使われることも増えてきたようです。

 

自分が新卒の時にいた会社も
超の付く程の訳ありの会社でした……

 

その訳あり内容のヤバさを
ザ・ノンフィクションな、
リアルガチな内容を書いていきます。
自分が昔に、こんな経験があったので、
今回は退職代行を調べるキッカケにもなりました。

 

辞めたかった新卒で入った超ブラックSES

 

自分が新卒で入社した中小IT企業は、
典型的な客先常駐で、
尚且つ、超ブラックな会社でした。

 

自社で開発しているプロダクトや
サービス等は一切なく、受託も無し、
エンジニアをどこにでも派遣することで、
その貸し出しの人月費で利益を上げていました。

 

SES
(システムエンジニアリングサービス)
といって、システムの開発や
保守、運用といった業務に対して、
エンジニアの労働を提供する契約のことです。

 

休日や勤務体系も客先次第。
常駐している客先のプロジェクトが
炎上していれば、必ず付き合って、
毎日、終電近くまで残業。そして、休日出勤。

そんな炎上プロジェクトに、
雑に一人で放り込まれることもしょっちゅうでした。

 

常駐元の客先からは、
残業時間分の人月費も出ているのに、
その残業代は、社員には行き渡らない……
会社のク○社長のポケットマネーになる
そんな理不尽過ぎる仕組みでした。

(100時間超えの残業でも、
月給は、額面26万円くらい……)

 

勿論、離職率も当たり前の様に高く、
毎年、多くの社員が当たり前の様に辞めていく状況。

 

自分も過酷な長時間勤務で、
心身共にボロボロになり、
早く、この客先常駐を辞めたい
という気持ちが、物凄くありました。

 

その会社では辞める際に、社長が
お前みたいな無能は、どこに行っても通用しない。
この業界で働けない様にしてやる。
と恫喝して人格否定をする
そんな悪しき習慣が昔からありました。

 

社員間では、それが有名で、
若手社員からすると、それだけでも恐怖で、
会社を辞めにくい要因にもなっていました。

 

自分もその中の1人で、それが原因もあり、
非常に辞めにくいと思っていました。
他には、2009年のリーマンショックの
大不況で、辞めても次の会社が決まらない
というのも大きかったですが……

 

その人売りITを何度も辞めたい
と思いましたが、凄く億劫になっていたと思います。

 

自分の場合は、それで億劫になってしまい、
会社が倒産してくれたら雇用保険もすぐ出る。
と自分に都合の良い淡い期待を持ち、
4年以上、所属し続け頑張りましたが、
最後は、25歳の時に、残業100時間超えが
5ヶ月間続いて、職場で過労で倒れて退職しました。

 

そこから、鬱(ノイローゼ)に
なった時期もあり、
まるで、典型的なお手本の様に、
ブラックSES(人売りIT)に、人生を殺されました。
後々、こんな限界を超えるまで堪え続けた
自分に後悔しました……

 

そんな時代に、こういった「退職代行」が
あれば、絶対に使っていたでしょう……
当時は、想像すらしなかったサービスですが。

 

そういった自らの経験もあり、
この救済サービスが凄く羨ましいと思いました。
自分の様に、体を壊すまで堪えてしまったら……
壊し方によっては、復帰に時間がかかり過ぎてしまいます。

 

現代では、こういった
救済サービスを活用して、
ブラックなSES(客先常駐)会社は辞めませんか?
壊れる寸前や壊れてからでは、絶対に遅いです。

 

ただ、言っておくのであれば、
限界だからと変にバックれたりするのは、
絶対に止めておきましょう……
もし、つかまった時に、こちらの分が悪くなります。

 

退職代行を使えば、正しい手続きで
会社を辞めることができます。
バックれて不利になるより、
退職代行で合法的に辞めましょう。

 

SESを辞める際にも強いオススメ「退職代行」5選

 

では、そういった限界の状況で、
ブラックSES(客先常駐)から逃げたい!
となった時に「退職代行」は、
実際にどういうところを見て、どうやって探せばいいのか?
書いていきたいと思います。

 

サービス自体を知らない、聞いたことなかった
エンジニアからすると、退職代行って、
何かイメージ的にも、何十万円もかかりそうと思うところです。
しかし、実は、よく調べてみると、
3万円前後で可能です。

 

尚、弁護付きだと、有休消化の交渉や
残業代の未払いも請求が出来るので、
残業代が払われていない不遇な方だと、
損にならずどころか、より、お得になると思います。

 

仕組みや料金的に良さげなところ
いくつか書いておきます。参考にして下さい。
先ずは、以下が料金や特徴を簡単にまとめた表です。

 

おすすめ 退職代行 料金 特徴 公式サイト
1位 辞めるんです。
最安 ]
27,000円 (税込) 退職成功後の後払い(業界初)
顧問弁護士の指導の元で運営。
開く
2位 ニコイチ
最安 ]
27,000円 (税込) 退職実績多数の老舗。
心理カウンセラーも在籍。
開く
3位 エンマン
法律事務所 ]
33,000円 (税込) 法律事務所の弁護付きで安価
有休消化や残業代請求も可能。
開く
4位 ガーディアン 29,800円 (税込) 法適合の法人格を有する合同労働組合 開く
5位 Jobs(ジョブズ) 29,000円 (税込) 顧問弁護士が顔を出して代行。 開く

 

そして、ひとつずつの詳細を
人気、かつ、オススメの順番で、
以下に書いていきます。

 

また、念頭に置いておきたい考えが、
どの退職代行サービスも
申し込んで急に契約するわけではなく、
契約前に、電話やメール、LINEで
相談することが出来ます。

※ 逆に相談から有料のところは怪しいか、
それだけ、代行の経営に行き詰まっている可能性はあります。

 

1度、使ってみたいと考えていたのであれば、
先ずは、無料相談に申し込んでみて良いかと思います。

 

【 1位 】最安値で退職成功の後払いな「退職代行 辞めるんです。」

 

退職代行「辞めるんです。
退職者の気持ち、そのまんまですね。
サービス名は確かにユニークですが、
勿論、内容はちゃんとしています。

 

先ず、業界最安値の27,000円(税込)
そして、後払いで大丈夫です。

退職代行の相場的は、55,000円(税込)だったり、
安くても、33,000円(税込)のところが多く、
それと比べると、5,000円以上も安いです。

 

安いから怪しいということもなく、
今までの代行実績件数が10,000件以上で、
代行成功率は100%
という、ちゃんとした実績があります。

 

以下の公式サイトの口コミからも、
実際に即日退職が出来た実績もあり、
進捗も小まめに確認が出来ることがわかります。

 

[ 公式サイトの口コミ ]

“即日退職できました”

ストレスで出社できる状態ではなかったため、
退職の代行を依頼しました。
退職代行に依頼してからは
全ての連絡を代行していただき無事退職できました。

【東京都/システムエンジニア・正社員】

“上司に会わずに退職できました”

進捗について、担当者さんから
逐一報告をいただけたので、
不安に思いながら待つことがなくありがたかったです。

【神奈川県/不動産業・正社員】

 

顧問弁護士の指導の元、
コンプライアンスの徹底と
適切な業務範囲での活動をしているので、
依頼後に会社とのトラブルは一切ありません。

 

上でも書きましたが、
一番の特徴としては、
完全な成功報酬型なので、
料金の支払いは後払いになっています。

(通常は先払い。
 後払いは、退職代行業界初)

 

近年では退職代行サービスも増加し、
中には悪徳な業者も出てきています。
それが、料金を受け取ったのに、
まともに退職代行を行わないことです。
そういったトラブルや不安を避けるために、
成功報酬で後払いになっているのは、
とても安心できるかと思います。

 

相談したその日から
出社しなくてよくなります。
会社へ連絡する必要もなく、
本人にも会社からの連絡はきません。
その辺りも全て代行します。
つまり「即日退職」そのままです。

 

運営 LENIS Entertainment株式会社
メリット 辞めてからの後払いが可能。
料金 27,000円(税込)  [ 業界最安 ]
公式サイト 開く

 

LINEで無料相談が出来ますので、
先ずは、そちらから、
相談する流れが良いです。
24時間対応されているので、
緊急性が高ければ、すぐに相談も出来ます。

 

そして、相談回数も無制限です。
自分が納得して代行依頼ができるまで、
疑問点を聞いてみると良いかと思います。

 

[ ご利用の流れ(面談不要)]

手順 詳細
STEP 01 まずは、LINE友達追加。
STEP 02 辞めるんです。から簡単なアンケートフォームが届くので、入力をする。
STEP 03 現状をお伺いし、具体的なスケジュールを決める。
相談はすべて無料。
STEP 04 ご納得いただければ、お申込み。
※ 銀行振込、もしくはクレジットカードにてお支払い。
お支払いのご確認が取れ次第、速やかに退職代行を開始。



 

数多くのメディア
「odakyu」や「退職代行ガイド」
「退職代行NAVI」「JobReset」
「退職代行プロ」でも取り上げられていて、
非常に注目度も高いです。

 

残業代未払いの請求や
有休消化の希望が特になく、
すぐに辞めたいの(即日退職)であれば、
辞めるんです。」が最もオススメです。

 

業界最安の価格設定ですし、
顧問弁護士の監修の元で、
正しく退職代行の手続きがなされるからです。

 

もし、残業代未払いの受取
希望もあるのであれば、
以下に書いた法律事務所
【 3位 】「エンマン」が、
オプション追加であるので良いと思います。

(残業代などの交渉は、
 法律事務所が専門となります。
 また、別途料金はかかります。)

 

純粋に会社を辞めるだけと考えた時に、
こちらのサービスが、手順と内容、価格で、
最もオススメなので【1位】とさせて頂きました。



  公式サイトを見る  

最安27,000円で、退職成功後の後払い。
LINEで、先ずは相談から可能!

 

  • 代行のお金を払うのは、退職の成功後で大丈夫!
  • 退職代行業界で最安値の27,000円(税込)
  • 先ずは相談からで、電話のみでなく、メールやLINEでも可能(相談回数や電話回数が無制限)

 

何気にYouTubeもされているようです。
過去の依頼事例から、
IT企業特有の悩みを取り上げています。



 

【 2位 】老舗の株式会社ニコイチで業界最安値「退職代行 ニコイチ」

 

株式会社ニコイチ」が
運営している退職代行です。
退職代行サービス「退職代行ニコイチ」の
⏩ ページはこちら

 

昔から実績のある退職代行業の老舗です。
退職代行では、14年以上の実績で、
一番、古くからあるとのことです。
会社を辞めさせるプロ中のプロですね(゚Д゚)‼️

 

また、弁護士による適正指導の
退職代行サービスです。

 

料金も、業界最安値の27,000円(税込)
通常、55,000円くらいが相場の中、
半額に近い安さです。

 

先ずは、LINEで無料相談出来るのも、凄く安心です。
やはり、退職代行を使ったことがないと、
何をどうしたらいいのかわかりません。
無料相談をした後に、実際に利用するか
どうか決めてもよいかと思います。

 

運営 株式会社ニコイチ
メリット 業界最安値の27,000円(税込み)
※ 普通、相場は、5万円以上
料金 27,000円(税込)  [ 業界最安 ]
公式サイト 開く

 

大きな特徴としては、
専門の心理カウンセラーも
在籍しているとのことなので、
メンタル面のサポートが
最強に充実しています。

普通の退職代行は、そこまでのケアはありません。

 

こちらのページに、実際に
退職代行を受けた時の流れ(フロー)も載っています。
こういったフローがあると、
依頼前でもイメージがとても湧きやすいです。

 

27,000円の金額面を考慮すると、
まだ、若手社員で、
お金のやりくりが厳しいのであれば、
とても、オススメだと思いました。

 

因みに、ニコイチのページには、
リピートするお客様が多く
とありますが……
それは、別の意味では、
良いことなのでしょうか(笑)

 

でも、リピーターがいるということは、
それだけの信頼の実績がある証明ですね。
業界最大の安さと老舗の安心感から
【2位】にさせて頂きました。

 

上でも書いていますが、
残業代未払いの受取希望があれば、
以下に書いた法律事務所
【 3位 】「エンマン」が、
オプション追加であるので良いと思います。

(残業代などの交渉は、
 法律事務所が専門となります。
 また、別途料金はかかります。)




  公式サイトを見る  

業界最安値の27,000円
LINEで、先ずは相談から可能!

 

  • サービス料金は、業界最安値の27,000円(税込み)
  • 専門の心理カウンセラーも在籍してメンタル面のサポートが充実
  • LINE相談が無料で、気軽に出来る

 

【 3位 】法律事務所アルシエンの弁護付き安価「退職代行 エンマン」

 

法律事務所アルシエン」が
運営している退職代行。
退職代行サービスのエンマン
⏩ ページはこちらです。

 

その名の通り、円満退社(エンマンタイシャ)
を行うためのサービスです。

 

退職代行を使う上での
有名な注意点
ではありますが、
先ず、退職代行サービスを使う上で、
気をつけるべき事があります。

 

退職代行サービスは年々、増えていき、
今となっては数多くあります。
しかし、弁護士の資格を持たない
退職代行サービスもどんどん増えています。

 

その弁護士資格を持たない退職代行が、
代行業務を行った場合、
有給取得交渉、給与の未払いへの対応、
退職金の請求、未払いの残業代の請求
といった交渉は一切できません。

 

これらの交渉は、当然の様に、
弁護士資格が必要です。
弁護士資格を持たない
一般の退職代行サービスは、
弁護士法違反の可能性があります。

 

そういった下手な所に代行を依頼して、
退職自体が無効になったり、
逆に、違法に退職をされたということで、
損害賠償請求の対象になる危険があります。

 

そういった点で、退職代行「エンマン」は、
法律事務所アルシエンの
弁護士による退職代行サービスなので、
正攻法の退職代行が行え、
安心して依頼することが出来ます。

 

こちらの公式ページには、
東京弁護士会所属の経歴付きの
弁護士の紹介もあるので、
もし、不安であれば確認すると良いです。

 

弁護士が代理人として交渉し、
ご本人に連絡しないよう伝えるので、
会社から自分に脅しの電話などはきません。

 

保険証などの返却も会社へ行かず郵送で済みます。
離職票・雇用保険被保険者証などの書類や
会社にある私物についても、
勤務先から郵送してもらうように、
エンマン(法律事務所)から伝えます。

 

運営 法律事務所アルシエン
メリット 弁護士付きなのに、3万円
※ 普通、相場は、5万円以上
料金 33,000円(税込)  [ 法律事務所 ]
公式サイト 開く

 

法律事務所と言えど、
自分が退職代行を依頼するのが
初めてなので、やはり不安。
そういったこともあるので、
代行の依頼をする前に、
先ずは相談(無料)することが出来ます。

 

24時間体制で相談受付可能
なので、これは凄い点かと思います。
そこで、じっくり相談した上で、
活用することを決めれば良いかと思います。

 

そこで、もし、依頼すると決まれば、
即日対応が可能ですし、
会社に自分が電話することもありません。
それらを弁護付きで正式に代行してもらいます。

 

「無料相談」⏩「無料相談後の申し込み」⏩「退職の完了」

の3ステップです。

 

相談の申し込みも、
「お名前(フリガナ)」「メールアドレス」
3項目だけです。

 

本来は退職出来ないことはあり得ないですが、
万が一、退職が出来なかった場合は、
全額の返金が保証されています。

(弁護士が法に沿っておこなうので、
退職出来ない可能性は物凄く低いですが)

 

こちらの「エンマン」は、
非弁護ではなく、法律事務所が運営。
そして、ちゃんと弁護付きで3万円台
なので、それらの内容と価格からオススメです。

 

もし、退職金の不払い、給与未払、
残業代の請求などに関する
依頼をしたい場合は、
別途裁判等の手続きが必要です。

※ その場合は、33,000円(税込)とは、
 別途料金が発生いたします。
 その点はご注意ください。



  公式サイトを見る  

弁護士付きなのに3万円
無料相談が可能!24時間受付中。

 

  • 弁護付きだと相場が55,000円以上のところ、33,000円(税込)で可能
  • 弁護士付きなので、有給取得交渉、給与の未払いへの対応、未払いの残業代の請求が可能
  • 相談は24時間受付中で、即日対応

 

【 4位 】法適合の法人格を有する「退職代行 ガーディアン」

 

こちらの退職代行を運営している
東京労働経済組合」は、
東京都労働委員会認証の
法適合の法人格を有する合同労働組合です。

 

退職代行という労働問題において、
一般法人(株式会社)と弁護士の
両方の強みを、唯一、兼ね備えているのが特徴です。
「簡単」「低価格」「確実」を武器に、
超合法的に運営しています。

 

そのため、違法性なく安心・確実に退職できます。
また、依頼者の状況や意向を伺って、
揉めにくい様に円満退職へ導いていきます。

 

365日、年中、相談を受け付けていて、
勿論、即日退職も可能です。
こちらのページにも記載があります。

 

料金は29,800円(税込)で、
雇用形態・地域・年齢などで変わりません。
勿論、連絡回数・連絡時間帯・難易度なども
関係なく、料金一律で追加料金は一切ありません。

 

運営 東京労働経済組合
メリット 一般法人(株式会社)と弁護士の強み
どちらも備えている
料金 29,800円(税込)
公式サイト 開く

 

会社から離職票や雇用保険被保険者証
などの必要書類は、後日郵送で
送られるケースがほとんどです。
ガーディアンからも、会社から本人宛に
郵送していただくよう伝えます。
なので、会社に出向いて受け取る必要は
一切、無いのでご安心ください。

 

こちらの代表の長谷川さんは、
前職において、違法性を突いて
悪い大手退職代行を撃退した
ご経験があるそうです。

 

そういった経験がキッカケとなって、
本当に20代の味方となれる退職代行を
行いたいと考えて、現在に至ったとのことです。

 

なので、特に若い世代(20代や30代)
の方にとって、良い退職代行でしょう。







  公式サイトを見る  

法適合の法人格を有する合同労働組合サービス。
料金も29,800円と、相場より安価。

 

  • 法適合の法人格を有する合同労働組合の退職代行。
  • 一般法人(株式会社)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在
  • LINE相談が無料で、気軽に出来る

 

【 5位 】顧問弁護士が対応の「退職代行 Jobs」(ジョブズ)

 

顧問弁護士が顔出しをして、
きっちり対応する退職代行サービス「Jobs」(ジョブズ)

 

なんと、顧問弁護士自身が、
就業に関する挫折を実際に経験しているそうです。
その方は、最初の就職先である法律事務所を
1年経たずに退所されています。

 

そういった実体験もあり、
会社を辞めたい人の気持ちを
しっかり汲み取るのがJobsの強みとのことです。

 

代行開始年が2019年なので、
まだまだ若く、これからのサービスです。

 

運営 株式会社アレス
メリット 労働組合と連携した安心感。
料金 29,000円(税込)
公式サイト 開く

 

労働組合と連携しているので、
組合費の2,000円がかかり、
29,000円(税込)の料金になっていますが、
その分、会社と交渉が出来ます。

 

24時間いつでも相談が可能。
といったところも良いです。
電話ではなく、LINEやメールで相談が行えます。

 

代行の手続きは、最短だと30分で終わるそうです。

 

また、退職代行Jobsの場合、
Jobsが提携している
人材紹介企業を利用して転職に成功すると、
転職お祝い金で最大3万円がもらえます。

(実質、退職代行のお金が戻ってくるメリット)



  公式サイトを見る  

顧問弁護士が、ちゃんと顔出ししてしっかり対応。
LINEやメールで、先ずは相談から可能!

 

  • 顧問弁護士が顔出しをして代行するので安心感がある。
  • 労働組合と連携した退職代行サービス。
  • 先ずは相談からで、電話のみでなく、メールやLINEでも可能

 

助けてほしいからこそ「退職代行」を使うべき

 

自分も、新卒で入社して、
2010年に辞めた会社は、
ザックリ計算しても、100万円以上は、
残業代未払いがあったと思うので、
今更ですが、悔しいですね……

 

勤務表等のエビデンスもあったので、
退職代行サービスがその時代にあれば、
きっと、成功出来たと思います。

 

疲れ果てて、軽い鬱病状態でもあったので、
一人で戦う元気がありませんでした。
退職の手続きをするだけでも、物凄くしんどかったです。

 

当時の自分であれば、
ページの入力フォームより入力して、
先ずは、相談して話を聞いてみたい
と考えていると思います。

 

尚、注意点として、
上記でも何度も書いていますが、
弁護士法人でない(非弁護士の)
退職代行は、損害賠償請求された際など、
もし、会社に訴えられた場合、対応が出来ません。

 

退職代行には、
弁護」「非弁護」があります。
必ず、プロの弁護士にお願いすることは大事です。

 

また、そういった不明な疑問点も、
LINEで相談してみるのも、
不安点が解消されるので良いと思います。

 

「もし、会社から逆に訴えられた場合は、
どうなるのでしょうか?」といったように。

 

「退職代行」の成長性

 

今後、こういう系の救済サービスの需要は、
どんどん増えていくのでしょうね。

 

元々、隠れていた大きな需要が、
待ってました!という様に売れているのかと思います。

 

実際に、理不尽な企業とは、
無駄に苦しまないで別れたいですもんね……

 

データを見ると、
月に300件の依頼を受ける弁護士
もいるようです。

 

それだけ、円満退社も難しい会社にいる方も
本当に多いのだと思います。
本当に嫌な世の中です……

 

よく、IT業界では、
客先常駐(SES)を急に退職すると、
プロジェクトに損害を与えたからとかで、
損害賠償の請求をされる。

という話も聞いたりします。

 

正直、意図的に悪意があって、
そういった行動をしない限りは、
損害賠償なんてものはありません。

(例えば、意図的に情報漏洩させたとか、
開発環境を壊したとか、
ソースコードやデータを削除したとかの
悪意のある行動)

 

自分は過労で倒れて辞めたこともあり、
勿論、そういうことはありませんでした。

 

ですが、身近でもよく聞く話ではあるので、
そういった際は、変に丸め込まれずに、
上記の様な退職代行を活用し、
弁護士に頼って対応することが大事です。

 

今は、こういう時代なので、
退職代行が、まだまだ、流行っていくと思います。

 

逆に、日本全体的に退職や転職に
多くの企業が寛大になっていくと、
縮小していくサービスではあります。

 

しかし、年齢が高くて老害な方が
管理職をやっている職場ほど、
そういう文化で育っていない分、
寛大な感覚にはなりにくいと思います。

 

だから、やはり、まだまだ、
退職代行の需要は拡大していくとは、
容易に予想が出来ますね。

 

今、ブラックなSES(客先常駐)で
苦しんでいるエンジニアの方は、
是非、活用して頂きたいと個人的に思っています。

本当に再起不能になる前に使って下さい!

 

最初にも書いたように、
自分も実際の経験者で気持ちが凄くわかるので……

 

退職代行」良い方向で、
困っている人にとっての
救済サービスであれば良いですね。


[ まとめリストに一気に戻ります ]
 



 


 

【 別記事 】中小超ブラックIT(SES)リアルガチ経験談

 

超リアルで、ほとばしる程の
ブラック企業経験談なので、
ご興味があれば、お読み下さい( ̄  ̄)

 

でも、ハローワークでの手続き等、
苦しんでいるエンジニアにとって、
役に立つ知識も書いてあります!

⏬  ⏬  ⏬

記事「【SIer SES 脱出 退職方法】炎上プロジェクトに自分を壊される前に逃げなさい


 

コメントを残す