客先常駐を英語にするとSES【客先でシステム開発をすること】

[ こちらの記事を全て読んだ場合 ] 2 分間

SESとは、System Engineering Service(システム・エンジニアリング・サービス)の略称

ITエンジニアでよくある
客先常駐」を英語にするとどうなるのか。

「システム・エンジニアリング・サービス」と
現代では呼ばれています。
そして、頭文字をとって、
よく「SES」と略されています。

 

SES(System Engineering Service)
システム開発・保守・運用における委託契約の一種で、
客先にエンジニアを常駐させて技術を提供する。

 

因みに、この「SES」という単語。
自分が新卒エンジニアだった2006年くらいは、
あまり使われていなかったと思います。
(客先常駐という単語でした)

 

しかし、2015年にITエンジニアに復帰した時は、
大分、使われていました。

 

個人的には、何か凄く……
誤魔化されているというか。

 

英語にしてわかりづらく、
スタイリッシュにして、
客先常駐のイメージを隠す感じが、
違和感があって嫌いですね。

 

SES企業すべてが悪なわけではない

 

とはいえ、そのSESをしている
企業すべてが悪いかというと、
実は、そうでもないです。

 

SESでエンジニアを客先常駐させて、
客先から貰ったお金をピンハネして、
エンジニアに給料としてほとんど与えない。
エンジニアから搾取している企業が気に入らない。

と言った感じです。

 

Webの採用ページや求人票を見た時に、
勤務先が、社内やその会社の住所ではなく、

都内近郊
プロジェクト先

といったようになっている場合は、
SES」(客先常駐)です。

 

SE(ITエンジニア)を目指す学生の方は、
必ずチェックするようにして下さい。

 

SESのメリット・デメリット

 

SESのメリットは、
多くのプロジェクトに携われるので、
様々な技術に触れて、
スキルを上げていくことが出来るところです。

 

逆に、デメリットを述べていきますと、
毎回、プロジェクトに入るために、
請負元の会社の社員との面談があり、
そこで、いちいち面接のようなことを
しなければならないです。

 

会社に入る時に面接をしたのに、
プロジェクトに入る時も、
再度、面接をしないといけない可笑しさ。

 

プロジェクトに入ったとしても、
新しい人やそこのしきたりや
そこの独自のフレームワーク等を
ひたすら覚えていかないといけない。
等、多大なストレスがあります。

 

なので、自分としては、
自社サービスで利益を
上げている会社に入社して、
社内SEとして、新規プロダクト開発にも
挑戦していくことが大事だと思っています。

 

学生から新人SEになるのであれば、
個人的には、そのキャリアをオススメします。

 

実務経験がないとフリーランスで
やることは難しいと思いますので、
フリーでやるならば、
ある程度のスキルを持ってから
転職されることを勧めます。



 

また、今はスマホアプリを使って、
気軽に無料でキャリア診断も出来ます。

(以下のスマホアプリは、
 所要時間が3分間程度)

 

SESに限らずに、自分の天職は何か。
一先ず、こういったアプリで
自分に何が合っているか、
調べてみるのも良いかと思います。





AIが経歴と価値観から天職を診断してくれる
若手ハイクラスに特化した転職サイト。
無料で所要時間は3分間

 

【 別記事 】筆者の中小超ブラックIT(SES)リアルガチ経験談

 

ほとばしる程のブラック企業経験談なので、
ご興味があれば、お読み下さい( ̄  ̄)

 

でも、ハローワークでの手続き等、
苦しんでいるエンジニアにとって、
役に立つ知識も書いてあります!

⏬  ⏬  ⏬

記事「SES炎上案件の抜け方【救済制度・退職の進め方/実話あり】

 
 

コメントを残す